2020年11月28日

運転資金で困った?ファクタリングを活用しよう

運転資金ではファクタリングが効果的

運転資金が不足してしまって調達を急いでいるというときには借り入れをするよりもファクタリングが資金調達のやり方として優れています。ファクタリングなら売掛債権があればスムーズに現金を手に入れることができるからです。融資では早くても一週間、通常は一ヶ月くらいの時間がかかります。ファクタリングでは早ければその日のうちに現金が手に入り、一般的な期間としても三営業日程度です。迅速な資金調達が必要なのが運転資金が本当に足りないと気付いたシーンです。そのため、少しでも現金が早く手に入るファクタリングを使うのが合理的と考えられます。

ファクタリングなら安心して調達可能

運転資金の調達ではファクタリングが安心な方法です。調達した資金によって得られる利益が不透明であっても問題がないからです。融資を受けた場合には返済する義務が発生するため、調達した資金によって利益が生まれないと返済できなくなって滞納や倒産といったリスクが生じます。しかし、ファクタリングでは売掛債権を売却するだけなので、特に返済義務は生じません。売掛金を前倒しして手に入れる形になるだけなので、借入とは性質が異なるのです。

また、委託業務などを受けたときに売掛債権が発生したものの、その業務を遂行するための運転資金が足りないということもしばしばあります。このようなときには特にファクタリングが安心で、その売掛債権を使って資金調達をすれば良いと考えられるでしょう。うまく活用すればリスクを低減しつつ合理的な資金調達ができる方法なのです。

事業資金を借りるところは銀行や信用金庫にしましょう。審査も厳しいですが金利が圧倒的に安いので長い目で見ると有利です。